読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってることだけ話しますよ

主にニチアサ(スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュア)、ときどき読書

2017年4月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

4月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1581
ナイス数:41

麒麟の翼 (講談社文庫)麒麟の翼 (講談社文庫)感想
映画にもなった加賀恭一郎シリーズ第9の事件。再び松宮とコンビを組んだ加賀が、日本橋の上で起きた殺人事件の真相究明に臨む。同シリーズとしては珍しく、過去作品(『赤い指』、『新参者』) と明確にリンクしており、これまでシリーズに付き合ってきた読者に対するサービス精神が感じられる。ストーリー面でも、意外な展開、泣かせる人間ドラマ、爽快感がありながらも少し含みを持たせた締め等、東野ミステリーの美味しさがバランスよく取り揃えてある。加賀シリーズの集大成といえるかもしれない(まだ『祈りの幕が下りる時』が残ってるけど)
読了日:04月01日 著者:東野 圭吾
遮光 (新潮文庫)遮光 (新潮文庫)感想
狂人の心理を垣間見る。恋人の死体から手の小指を切り離し、それをホルマリン漬けにして、瓶に入れて持ち歩く「私」。恋人が死んでいることを理解しているのに、納得することを拒み、自分と周囲を嘘で騙し続ける。「私」は自分が異常者であることを認識しつつも、狂った行いに取り憑かれてやめられず、しばらくするとまた己の異常性を自覚して嘆く。正気と狂気の目まぐるしいスイッチングは、まるで浅い眠りからの目覚めと就寝を繰り返すような苦しさに満ちていた。
読了日:04月04日 著者:中村 文則
激愛 調教ロマネスク: 伯爵様とティアドロップ (ティアラ文庫)激愛 調教ロマネスク: 伯爵様とティアドロップ (ティアラ文庫)
読了日:04月09日 著者:沢城 利穂
祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)感想
吉川英治文学賞を受賞した、加賀恭一郎シリーズ第10の事件。みたび松宮と組んで殺人事件の捜査にあたった加賀が遭遇する、悲しき数奇な運命とは。ファンサービス的な仕上がりだった前作『麒麟の翼』とは対照的に、シリアスで重厚な人間ドラマをじっくりと読ませる。これがシリーズの終着点であることに不満は無いけれど、個人的に加賀&松宮の年の差いとこコンビがすごく好きなので、シリーズの新作が出たらまた読むことだろう。
読了日:04月12日 著者:東野 圭吾
ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)感想
「うわっ、マジか!」と声に出てしまった。前評判で聞いた通り、まさしくたった一度しか使えない超絶技巧のトリック大金星。記憶消してもう一回読みたい......
読了日:04月26日 著者:東野 圭吾

読書メーター

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:1644分

ミラーマン DVD‐BOXミラーマン DVD‐BOX
円谷プロで初めての、ウルトラマンではない巨大ヒーロー作品。放映時期的には『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』と重なっている。『ウルトラセブン』の硬質で大人っぽい空気感を受け継いた作風で、途中テコ入れがあるものの、全51話を通してハードな路線は堅持され、見応えのあるドラマに仕上がっている。またこの時期の特撮ものには珍しく、出演者に途中降板やメンバー補充が無いのも印象的。
鑑賞日:04月08日 監督:本多猪四郎,鈴木俊継,黒田義之
美少女戦士セーラームーンSuperS VOL.1 [DVD]美少女戦士セーラームーンSuperS VOL.1 [DVD]
デス・バスターズとの戦いを終えたうさぎ達の前に、日食に乗ってやってきた不気味な軍団「デッド・ムーン」が襲いかかる。第128話「運命の出会い! ペガサスの舞う夜」~131話「ペガサスを捕えろ! アマゾンの罠」、そして3本立てのTVSP「華麗に変身? 泣き虫うさぎの成長記録」「はるかみちる再び! 亡霊人形劇」「ちびうさの冒険! 恐怖、吸血鬼の館」を収録。
鑑賞日:04月10日 監督:
仮面ライダーアギト VOL.9 [DVD]仮面ライダーアギト VOL.9 [DVD]
「俺は、自分を憐れんだりしたくない。俺は、俺が俺でいる意味を、必ず見つけなくてはならないんだ」
鑑賞日:04月23日 監督:
仮面ライダーアギト VOL.10 [DVD]仮面ライダーアギト VOL.10 [DVD]
「僕は……アギトになりたいのかもしれません」
鑑賞日:04月23日 監督:

鑑賞メーター

すぐ試せる、ストレスを貯めない方法&集中力を持続させる方法

f:id:AnmitsuK:20170219182138j:plain

こんなことをしたくなる気持ちは充分わかりますが、まずは落ち着こうじゃありませんか。

 

○新年度早々、嫌な思いしてませんか?

新年度がはじまってはや二週間、みなさんは新生活をどのように送っているでしょうか。楽しく過ごせている人もいるでしょうし、ストレスを感じている方もおられるでしょう。

わたし達を取り巻く世界は、常に好ましいことばかり起こるとは限りません。時には失敗を犯して落ち込んだり、人から思わぬ迷惑をかけられて嫌な思いをすることもあります。

 

特に四月は環境が変わる節目であり、新しい仕事内容や人間関係で、気疲れが多くなりがちです。

 

よく、ストレス解消のためには旅行をしたり、思い切り好きな遊びをするのがよいという話を聞きます。

確かにそれは効果的ではありますが、旅行をするにも思い切り遊ぶにも、休日になるのを待たなければいけません。旅行をするならスケジュールの調整も必要になります。

 

そこで今回は、スケジュール調整も道具も必要ない、なんなら今この場ですぐできる、ストレスを貯めない方法をご紹介します。

 

※いちばん手っ取り早いのは、自分に嫌な思いをさせた上司や先輩をぶん殴ることですが、これはオススメできません。人に暴力をふるうと、後が色々と面倒です(経験則)。

 

妹パンチ! アニキなんて大キライ (美少女文庫)

妹パンチ! アニキなんて大キライ (美少女文庫)

 

 

 

続きを読む

えらいこっちゃ、6月は戦争じゃ

f:id:AnmitsuK:20170408183738j:plain

 ↑今の私の心境。

 

6月に発売される映画のBlu-rayが、物欲刺激されまくりのラインナップで悶えるしかない。

 

今のうちに欲しいやつを忘備録的に書き連ねておこう(書いとかないと忘れる)

 

ポッピンQ

6月2日発売。監督:宮原直樹。

東映アニメーションのオリジナル劇場長編の魔法少女もの。Twitterでフォロワーさん達がこぞって絶賛していたので興味がわいたのだ。

 

好きになるその瞬間を。告白実行委員会

6月21日発売。監督:柳沢テツヤ

告白実行委員会』シリーズ第2弾。前作『ずっと前から好きでした』ラストで少し前フリのあった、綾瀬恋雪と瀬戸口雛、そして榎本虎太郎が中心になるお話。

なんでもTVSPの放映も決定したそうで。めでたいめでたい。

 

前作はこっち↓

 

 

アニメの他に、押さえておきたい洋画ソフトが2本発売だ。

 

○ドラゴン×マッハ!

6月7日発売。監督:ソイ・チェン。トニー・ジャーが香港にやってきて、荒木飛呂彦ウー・ジンと共演し大暴れするマーシャルアーツ映画。漏れ聞こえてくる評判では、とにかくエゲツない肉弾戦が満載でサイコーらしい(トニー・ジャーの映画はいつもエゲツない肉弾戦ばっかり詰まってるけど)。

実は『SPL:狼よ静かに死ね』の続編なのだが、我が国ではトニー・ジャーが出る映画は全て「マッハ!」がついてしまうサモ・ハン主演のクンフー映画が全て「デブゴン」になる30年前のセンスをいつまで引きずるのか。

 

 

そして大本命がきましたよ。

 

タワーリング・インフェルノ(日本語吹替追加収録版)

 

2013年にはBSジャパンで全編ノーカットの新録吹替が放映され、その後も何度かTVでそのバージョンが放映されている。BS新録版はマックイーン:小山力也、ニューマン:てらそままさき。私はそのときの放映を見たが、

「ずいぶんゴツいニューマンだなぁ」

と思った。あれならオハラハン隊長の手助け要らんのとちがうか。たくまし過ぎるぞ。

 

タワーリング・インフェルノ』吹替にはマックイーン:内海賢二、ニューマン:堀勝之祐のTBS版もあり、できれば4種類コンプリートしてほしかったところ。

 

TBS版はともかく、BS新録版も未収録なのは、BS版の配給が20世紀フォックスだから、ワーナーから商品化できないってことなのかなぁ(映画自体はワーナーと20世紀フォックスの合作)。しかし、幻と化していたフジテレビ版が日の目を見るのはよいことだ。

 

完全に自分向けの忘備録なので特にオチは無いが、とりあえず、我が家には1ヶ月くらい早く、熱い夏が来そうです。

イケメンのメンは、面構えのことじゃない~『プリアラ』にイケメン男子投入!?

去る3月27日、スマホTwitterのタイムラインを眺めていたら、『キラキラ☆プリキュアアラモード』(以下『プリアラ』)に関し、何とも聞き捨てならないニュースが目に飛び込んできた。

 

【拡散】神木優プロデューサーが「プリアラ」にイケメン男子の新キャラが登場すると電撃告白したニュースhttps://t.co/WuQb4XTZpM #precure は「プリキュア新聞2017年春号」にも重なる内容です。ぜひ併せてご一読を! #precure #プリキュアアラモード

— ムラカミ記者 (@AnimekishaM) 2017年3月27日

 

 

ふむ。

 

新プリキュアにイケメン男子登場!神木P明かす - 芸能 : 日刊スポーツ

 

 

-新キャラが出る?

 神木P 男のキャラクターが出てくるんですよ。その人が宇佐美いちか(キュアホイップ=声・美山加恋)らプリキュアたちを結構、翻弄(ほんろう)していくので。多分、出した時は騒然の展開になると思います。「プリアラ」初のイケメン登場!? みたいな。イケメンキャラとしては、既に剣城あきら(キュアショコラ=森なな子)が出ていますが。

 -あきらは、6話でいちかがイケメン男子と勘違いしましたが、女子高生でした(笑い)

 神木P 「プリアラ」は“女の園”でしたけれど…今度こそ、イケメンが出てきますから!!

   (※引用部分の強調・文字色変更はAnmitsuK による)

 

 おそらくOPに出てくる仮面の人のことだと思われるが、さて。

 

f:id:AnmitsuK:20170402095529p:plain

 雰囲気からして明らかに敵っぽいが、どうなんでしょ?

 

2017年3月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1963
ナイス数:132

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)感想
作品世界に戸籍を移して住み着きたくなるような、何ともここちよい物語でありました。根が俗物なわたくしめには、とてもとてもオモチロイ小説と思われたのですけれども、これは生真面目な御仁が手に取ったら、頁をめくるごとにボルテージ上昇、ついには怒髪天を衝き書を燃やしてしまうのではないかしらん。どっこい本作は山本周五郎賞受賞作。生真面目な御仁が読んでもオモチロイ小説だったようです。なむなむ!
読了日:03月02日 著者:森見 登美彦
ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~ (角川つばさ文庫)ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~ (角川つばさ文庫)感想
角川ビーンズ文庫の『告白予行演習』とは別物で、映画の内容をそのまま小説として書き起こしてある。ノベライズならではの要素などは特になく(強いていえば、イラストにヤマコ絵とひと味ちがう趣きがあるくらいか)、映画のストーリーをリーズナブルに復習できるツールってとこかな
読了日:03月05日 著者:香坂茉里
新参者 (講談社文庫)新参者 (講談社文庫)感想
連ドラにもなった加賀恭一郎シリーズ第8の事件。日本橋署に転任した加賀が、ある殺人事件に絡む様々な人間模様に遭遇する。ミステリーにつきものの「証言をする名もなきモブ」にスポットをあてた風変わりな形式で、各章ごとに主役が入れ替わる。トリック自体はさほど大がかりなものではなく、ここは素直に人情ドラマを楽しむのが正解だろう(だからこそ、数あるシリーズ作品の中から本作が連ドラの素材に選ばれたのだろうし)
読了日:03月10日 著者:東野 圭吾
火花 (文春文庫)火花 (文春文庫)感想
お笑い芸人が書いた処女作ということで、どうしても評価は甘口にならざるを得ないのだが、有り体に言って面白かった。先達文豪へのリスペクトをひしひしと感じる静謐な情景描写と、おそらく著者自身の内なる考えが迸ったであろう主役二人の熱いやりとり。アンバランスなほどの二要素が、静けさと激しさの美しいコントラストを生んでいる。
読了日:03月16日 著者:又吉 直樹
仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)感想
東野圭吾の初期作品。比較的短めな分量であるためか、人間ドラマ部分にさほどの面白味は感じられないものの、シチュエーションの工夫と十重二十重のミスリードは、脱帽ものの素晴らしさである。爽快感と寂寥感が同時に湧き上がるラストの一文も良い。
読了日:03月22日 著者:東野 圭吾
劇画 プロレス地獄変劇画 プロレス地獄変感想
勇壮・豪快なリングの裏に起きた、悲しくてしょんぼりしてしまう事件の数々。どんな分野にも、栄枯盛衰の浮き沈みはつきものなんだねぇ。
読了日:03月26日 著者:原田 久仁信
Go!プリンセスプリキュア1 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)Go!プリンセスプリキュア1 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
『ハピプリ』までの本編圧縮形式から、かつての『プリキュア5』『5gogo』と同じ番外編路線に。モチーフやビジュアルも手伝い、世界名作劇場のような趣きがある。個人的には、本編でほとんど触れられない、主役3人の恋愛観が語られていて、ちょっと得した気分(みなみさんの理想のキッスは、夕暮れのビーチかぁ……)
読了日:03月26日 著者:上北 ふたご

読書メーター

 

………………

 

 

3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:92分

続 荒野の用心棒 スペシャル・プライス [Blu-ray]続 荒野の用心棒 スペシャル・プライス [Blu-ray]
棺桶を引きずるガンマン:ジャンゴ(フランコ・ネロ)がカッコ良すぎるマカロニ・ウェスタンの傑作。邦題には『続』とついてるが、『荒野の用心棒』とはまったく関係ない別作品である。
鑑賞日:03月01日 監督:セルジオ・コルブッチ

鑑賞メーター

2017年2月の鑑賞メーターまとめ

2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:108分

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]
ウルトラマンゼロCHRONICLE』での分割TV放映を見て、全編一気に見たいと思い視聴。多元宇宙(マルチバース)という美味し過ぎる世界観のもと、ミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボットといった新戦士が登場し、ゼロと共に数千万単位のカイザーベリアル軍に戦いを挑むという、途方も無いスケールに感動すら覚える。108分というタイトな尺ながらも、過不足のない脚本と丁寧な演出で、鑑賞後の満足感は非常に高い。
鑑賞日:02月22日 監督:アベユーイチ

鑑賞メーター

2017年2月の読書メーターまとめ

2月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:3276
ナイス数:98

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)感想
加賀恭一郎シリーズ第6の事件は短編集である。収録された5本すべて、人間誰しもが抱え得るだろう悪意を巧みに描き出しており、読み終わった後は苦い余韻が残る。それはストーリーが所謂「鬱展開」である点に加え「自分も、タイミングさえあったら殺人者になってしまうかも……」という恐怖によるところも大きい。同じ人間である以上、殺人者とそうでない者との境目は、極めて希薄なものなのかもしれない。
読了日:02月02日 著者:東野 圭吾
ふたりはプリキュア1 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ふたりはプリキュア1 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
だってやってらんないじゃん。たたかうより乙女チックな方がいいでしょ
読了日:02月05日 著者:上北 ふたご
ふたりはプリキュア2 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ふたりはプリキュア2 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
1巻は学園生活を描いたオリジナルストーリーだったが、こちらはアニメの内容を省略しつつ漫画化したもので、1巻のつづきではない。キリヤとほのかのエピソードはあまりにも悲しく壮絶で、今見ると隔世の感がある(後のシリーズなら、もっと救いのある結末になっていただろう)。
読了日:02月05日 著者:上北 ふたご
ふたりはプリキュア Max Heart プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ふたりはプリキュア Max Heart プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
バトル要素を省いた、なぎさ・ほのか・ひかり3人組の日常コメディ作品。ひかりが加わったことで、なぎほの2人の間がギクシャクしたり却って絆が深まったり、バディものだった前作とはまたひと味ちがった趣きがある。最終回には日向咲&美翔舞がちらりと顔見せ!
読了日:02月05日 著者:上北 ふたご
ふたりはプリキュア Splash☆Star1 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ふたりはプリキュア Splash☆Star1 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
Max Heart』までは日常コメディだったが、こちらはTV版のフォーマットに沿った、バトル有りの忠実なコミカライズ。1話ごとの頁が多めで、プリキュアの醍醐味である「日常・友情・戦い」がしっかり楽しめるのが嬉しい。しかし、戦闘中に敵キャラが呆れるくらいイチャイチャする咲舞は、まさに百合会のレジェンドであるな(笑)
読了日:02月05日 著者:上北 ふたご
ふたりはプリキュア Splash☆Star2 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ふたりはプリキュア Splash☆Star2 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
2006年当時、前半部分を収録した1巻しか刊行されず、未完のまま放置されていたマンガ版『S☆S』がついに完結。新たな力でキュアブライト・キュアウィンディに変身した咲と舞は、ゴーヤーンの手で無残に引き裂かれた満・薫との絆を取り戻し、緑の郷を守り抜くことができるか。4人が力を合わせての最終決戦は、熱く激しい感動の嵐が巻き起こります。読めてよかったぁ……!
読了日:02月05日 著者:上北 ふたご
何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)感想
「死刑制度」をテーマにした小説と銘打ってはいるが、実際のところそのテーマ(死刑制度)に対して、何か答えを提示するでもなく、作中の事態が解決するわけでもない。主人公「僕」は、目の前の重すぎる現実にひたすら苛立ち、苦しみ、自問自答を繰り返し、もがきながら深い深い思考の闇へと分け入っていく。そんな風に、どうしようもない事をどうにかならないものかと延々考え続ける。「僕」が悩む様を読み進めるうち、読み手まで「僕」とシンクロして、じっと考え込んでしまう。エンタメ小説とは全く違う読書体験ができる作品だと思った。
読了日:02月06日 著者:中村 文則
Yes! プリキュア5 GoGo! プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)Yes! プリキュア5 GoGo! プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
前作のマンガ版『Yes!プリキュア5』の路線を継続し、戦闘要素を省いた日常コメディになっている……というか、エピソードのほとんどは、延々とココをめぐって張り合う夢原のぞみVS美々野くるみの恋愛鞘当てである。ある意味バトル要素が復活していると言えなくもない。そしてさりげない描写でキスを済ませるナッツ×こまち、シロップ×うらら……アニメ本編より大人の階段を登るのが早いプリキュア部なのでした。
読了日:02月06日 著者:上北 ふたご
赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)感想
加賀恭一郎シリーズ第7の事件。ある崩壊寸前の家族に起きた凄惨極まる殺人事件に、加賀と彼のイトコである松宮が迫る。不快感に満ちた陰鬱極まる展開で凄まじいストレスを与えつつ、終盤でそのストレスを感動に転じさせるどんでん返しの鮮やかさたるや……。人間の心が持つ美・醜の両面性が力強く描かれた傑作だ。
読了日:02月08日 著者:東野 圭吾
ハピネスチャージプリキュア! プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ハピネスチャージプリキュア! プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)感想
前作のマンガ版『ドキプリ』と同じく、本編に沿って短縮した形式。ストーリーはアニメとほぼ同じだが、台詞回しや絵の細かい描き込みには非凡なこだわりが感じられる。
読了日:02月09日 著者:上北 ふたご
土の中の子供 (新潮文庫)土の中の子供 (新潮文庫)感想
まさにこの作品は、トラウマを抱えた者が悩まされる後遺症そのものだ。一度歪まされた心は癒えることがない。平穏な日常の中で不意に記憶が蘇り、気分を沈ませ、気力を奪う。どこまで逃げても追いかけてくる。こんな本を待っていた。暗く沈んだ気持ちのとき、寄り添ってとことん落ち込んでくれる本だ。励ましたり笑わせてくれたりする本もいいが、そればかりでは、我が身にムチ打つようで生きるのがしんどくなる。暗い本でドン底まで沈むのもいいもんだ。ありがとう。少なくとも、わたしは中村文則が小説を書いている間は生きていける。
読了日:02月14日 著者:中村 文則
クラインの壺 (講談社文庫)クラインの壺 (講談社文庫)感想
80年代半ばに書かれたというのに、バーチャル・リアリティーに関する描写の鋭さは驚異的というほかない。現実と虚構を行き来するストーリー展開も素晴らしいリービタリティで、488頁の分厚さがあるにもかかわらず、先が気になりすぎて一気読み。VR機能を備えたゲームがとうとう実現したことを考えるに、本作は遠くない未来において、予言の書として再評価されるかもしれない。
読了日:02月21日 著者:岡嶋 二人
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)感想
全編間断なくつづく極限のスリルとサスペンスに痺れた。離れてビクビク、近づいてドキドキ、隠れてヒヤヒヤ、逃げてハラハラする意地の悪い展開がたまらなく面白い。また、随所に挿入されるサバイバル描写も興味深く、本書を携えていれば、オーストラリアの平原でもある程度生き延びることができるかもしれない。
読了日:02月26日 著者:貴志 祐介
みんなのなやみ (新潮文庫)みんなのなやみ (新潮文庫)感想
全国から寄せられた相談への回答を通じて、重松清の人柄がすけて見えてきそうな一冊。割り切れない難しい問題に対して、スパッと割り切る回答なら読んでて気持ちいいんだろうけど(細○数子みたいな)、それじゃ押し付けがましくて無責任だもんねぇ。
読了日:02月26日 著者:重松 清

読書メーター