読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってることだけ話しますよ

主にニチアサ(スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュア)、ときどき読書

『ずっ好き。』は実質『コマンドー』であるという、こじつけ

映画『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』(以下、『ずっ好き。』を見た。


数々のヒットソングを世に放ってきたHoneyWorksの人気楽曲を軸にしたアニメ!映画『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』予告編

2016年4月23日公開。脚本:成田良美、監督:柳沢テツヤ

 

ニコニコ動画を主な活動拠点として活動している音楽クリエーターグループHoneyWorksハニーワークス、略してハニワ)の楽曲から世界観を膨らませ、アニメ映画化した作品。この映画ではハニワの楽曲のうち、「告白予行練習」「初恋の絵本」「ヤキモチの答え」の3曲をストーリーのベースとしている。

漫画や小説ではなく、楽曲をアニメ化するという珍しい企画。しかもメジャーなアーティストの曲でなく、アマチュア(セミプロ?)バンドが動画サイトに投稿した曲が原作。

新しい時代の息吹を感じる……と言ったら持ち上げすぎか。しかし斬新な企画であることは確かだ。

 

…… …………

 

幼なじみのイケメン:瀬戸口優(CV:神谷浩史に片思い中の榎本夏樹(CV戸松遥は、ある日の放課後、優を呼び出して想いを告白するが、気恥ずかしさに耐えきれなくなり、「告白の予行練習」だとウソをついてしまう。

本当の気持ちをごまかしつづける夏樹だったが、同じクラスの綾瀬恋雪(CV代永翼からデートに誘われたことで、事態は急速に動き出す。

 

………………

 

 脚本はプリキュアシリーズで知られる成田良美(第1作『ふたりはプリキュア』から第12作『Go!プリンセスプリキュア』までの全タイトルに参加していた凄い人)。一筋縄ではいかない複雑な感情の交錯を描くのに長けた名手であり、『ずっ好き。』のようなタイプの作品にはうってつけの人材だ。本作でも、その手腕は遺憾なく発揮されている。もどかしい恋情の交差に悶えるがよい。

 

 

そして声優陣がまた良い。主要キャストには戸松遥神谷浩史豊崎愛生鈴村健一梶裕貴阿澄佳奈代永翼と、アニメファンにおなじみのメンバーが揃っている。この手の企画は、むやみにチャレンジ精神旺盛なキャスティングをしてハラハラさせられることが間々あるが、『ずっ好き。』に関してはすばらしい安定感で作品世界に没入できる。恥ずかしい台詞もクサい芝居も、しっかり演技のできる声優がやればサマになるのだ。

 

[俺にはこんなキラキラした青春なんかなかった度:☆☆★]

 

続きを読む

ものは試しだ

今までTwitterで主に活動してきたが、長話を吐き出すのには、Twitterよりブログの方が向いているなと思い、はてブに進出した。

 

マイペースで行きましょう、マイペースに。