知ってることだけ話しますよ

主にニチアサ(スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュア)、ときどき読書

このブログの見方

作品名の横にくっついている()の評価レベル (★★★)=残念! (☆★★)=そこそこ、まぁまぁ (☆☆★)=面白い、一見の価値あり (☆☆☆)=傑作認定、布教したいレベル (丹)=丹波哲郎が出演していることを示す。私にとって丹波哲郎は固有名詞ではなく、もは…

2018年10月の読書メーター・ブクログまとめ

10月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1363ナイス数:38凶夢など30 (新潮文庫)の感想ん? ちょっと待てよ……な「考えオチ」が少し多い印象。しかしながらショッキング極まる表題作「凶夢」、ユーモラスな味わいが気持ちいい「生きていれば」、人…

2018年9月の読書メーター&ブクログまとめ

9月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:550ナイス数:13知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治 (角川新書)の感想「トランプさんとプーチンさんは日本の味方!」とか前巻のレビューで書いてたシェリルアイコンのネトウヨさん、息…

2018年8月の読書メーター&ブクログまとめ

AnmitsuK の本棚 - 2018年08月 (5作品) 大人のアスペルガーがわかる――他人の気持ちを想像できない人たち (朝日新書)梅永雄二読了日:08月07日 希望の資本論 (朝日文庫)池上彰読了日:08月11日 マジンガーZ / INFINITY 通常版 [Blu-ray]-読了日:08月12日 海…

2018年7月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

7月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:641ナイス数:22感情的な人に負けない本 (WIDE SHINSHO)読了日:07月29日 著者:和田秀樹太平洋戦争を読み直す (PHP文庫)の感想2000年代前半、様々な雑誌に寄稿された昭和史の論考をまとめたもの。同著者の…

2018年6月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

6月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:264ナイス数:22悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書)の感想世界のいたるところに潜んでいる「悪」について、聖書を手がかりに、極めてロジカルな視点でアプローチしている。新書とは思えない…

2018年6月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

6月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:264ナイス数:22悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書)の感想世界のいたるところに潜んでいる「悪」について、聖書を手がかりに、極めてロジカルな視点でアプローチしている。新書とは思えない…

2018年5月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

5月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1357ナイス数:65映画批評真剣勝負 ぼくが映画に夢中になった日々《作品鑑賞篇》 (SCREEN新書)読了日:05月01日 著者:荻 昌弘向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)の感想ミリオンセラーを記録した著者の代表作だ…

2018年4月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

4月の読書メーター読んだ本の数:12読んだページ数:3776ナイス数:21淀川長治のシネマトーク 下 (マガジンハウス文庫)の感想紹介されてる作品、8割がたソフトが「廃盤」と表記されている。2014年時点の情報だから、再販やBlu-ray化などされているのもあるだ…

2018年3月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

3月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:727ナイス数:25池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)の感想タイトルがややこしいが、これまで文春新書で刊行されていた「そこからですか!?」シリーズのつづきである。内容は基本的に「週刊文春…

2018年2月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

2月の読書メーター読んだ本の数:9読んだページ数:2866ナイス数:67〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀 (新潮文庫)の感想『トラウマ映画館』『トラウマ恋愛映画入門』につづき、町山さんの著作を読むのはこれで3冊目になる。80年代にアメ…

2017年1月の読書メーター&感想メーカーまとめ

1月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:192ナイス数:36「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)の感想史実との違いをあげつらうのではなく、あくまで司馬作品が内包していたロマンや現代へのメッセージを尊重し、丹念に読み解いていく姿勢…

2017年の読書メーターまとめ

2017年の読書メーター読んだ本の数:80読んだページ数:22401ナイス数:798新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)の感想コインロッカーに捨てられた2人の少年が辿る、毒々しい運命の物語……と一言でまとめるのは簡単だが、読む側の心を掻き毟る凄ま…

2017年12月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

12月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:252ナイス数:40君の名は。 (角川つばさ文庫)の感想言わずと知れた大ヒット映画を、監督自らの手で小説化した作品である。都内在住の高校生・瀧と、田舎に住む女子高生・三葉が、不思議な運命に導かれて惹か…

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」③~『赤い指』『新参者』

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」①~『卒業』『眠りの森』『悪意』 - 知ってることだけ話しますよ 東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」②~『どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』『嘘をもうひとつだけ』 - 知ってることだけ話しますよ ↑これまでの紹介記事…

2017年11月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

11月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:1038ナイス数:39時代劇の「嘘」と「演出」 (歴史新書)の感想「週刊ポスト」誌上に連載された『時代劇を斬る!』をまとめたもの。主に<考証>の観点から、新旧問わず時代劇を語っている。歴史に詳しくな…

2017年10月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

10月の読書メーター読んだ本の数:13読んだページ数:2797ナイス数:77この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)の感想言わずと知れた大ヒットアニメ映画の原作である。絵とストーリーの魅力はもちろんのこと、随所にハシラ(コマの枠外)で、戦中の暮ら…

2017年9月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

9月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:959ナイス数:70ガリレオの苦悩 (文春文庫)の感想新キャラ:内海薫が加わるシリーズ第四弾。予想外のフォーマット崩しに驚く第一章「落下る」、長編さながらの濃いドラマが展開する第二章「操縦る」、『岸や…

2017年8月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

8月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:2535ナイス数:108夜は短し歩けよ乙女 新装版 上 (MFコミックス アライブシリーズ)の感想森見登美彦の同名小説をコミカライズ。画風の好悪があまり分かれない琴音らんまるを起用しただけあって、とても口当…

2017年8月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

8月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:2535ナイス数:108夜は短し歩けよ乙女 新装版 上 (MFコミックス アライブシリーズ)の感想森見登美彦の同名小説をコミカライズ。画風の好悪があまり分かれない琴音らんまるを起用しただけあって、とても口当…

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」②~『どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』『嘘をもうひとつだけ』

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」①~『卒業』『眠りの森』『悪意』 - 知ってることだけ話しますよ ↑前回はこちら 加賀恭一郎シリーズの第1作『卒業』の単行本は1986年に刊行され、第10作『祈りの幕が下りる時』の刊行は2013年である。 放課後 (講談社文庫) po…

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」①~『卒業』『眠りの森』『悪意』

有名だけど手をつけてないコンテンツというのが結構あって、私にとってはミステリー小説がそうだった。小さい頃から本を読むのは好きだったが、ミステリーに対しては苦手意識があったのだ。 「ドラマとちがって活字じゃ、謎解きとかトリックとか、頭に入れて…

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(☆☆☆)

『夜は短し歩けよ乙女』(単行本2006年、角川文庫2008年、角川つばさ文庫2017年) 著:森見登美彦 イラスト:中村佑介(単行本、角川文庫)、ぶーた(角川つばさ文庫) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 角川グループパブリ…

映画『ハイキック・エンジェルス』(★★★)

『ハイキック・エンジェルス』(2014年、日本) ハイキック・エンジェルス(豪華版)(2枚組) [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2014/11/05 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 監督:横山一洋 脚本:西冬彦 音楽:浅田秀之、有…

2017年7月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

7月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1422ナイス数:28痴人の愛 (角川文庫)の感想『文豪ストレイドッグス』に登場する谷崎潤一郎の妹・ナオミの元ネタ(この『痴人の愛』に登場するナオミが、谷崎潤一郎の義妹をモデルにしていたことにちなんで…

『燃えよドラゴン』(☆☆☆)

『燃えよドラゴン(Enter The Dragon/龍爭虎門)』 1973年 アメリカ・香港合作 監督:ロバート・クローズ 出演:ブルース・リー、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、シー・キエンほか わたしが思うに、男の人生は3通りに分岐する。それは、 ブルース・リーの…

仮面とお着替え~男女の「変身」の違い

先日、とあるラノベの技法書を読んでいたら、興味深い記述が目についた。 そろそろライトノベルでも書いてみようと思うキミへ 47のtips posted with ヨメレバ 作者:すずき あきら 出版社:イカロス出版 発売日: 2016-12-02 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天ko…

2017年6月の読書メーターまとめ

6月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:600ナイス数:35羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫)の感想【『文豪ストレイドッグス』アニメカバー本にて】 小説も随筆も、通底しているのは果てない虚無。爽やかさや幸福感などとは無縁の、思い通りに生きられぬ…

2017年5月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

5月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1410ナイス数:51大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本 (集英社文庫)の感想この手の本は「そういう人(アスペルガー)にどう接すればいいか」に頁が割かれていて、当人がどうすれ…

2017年4月の読書メーター&鑑賞メーターまとめ

4月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1581ナイス数:41麒麟の翼 (講談社文庫)の感想映画にもなった加賀恭一郎シリーズ第9の事件。再び松宮とコンビを組んだ加賀が、日本橋の上で起きた殺人事件の真相究明に臨む。同シリーズとしては珍しく、過…