知ってることだけ話しますよ

主にニチアサ(スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュア)、ときどき読書

このブログの見方

作品名の横にくっついている()の評価レベル (★★★)=残念! (☆★★)=そこそこ、まぁまぁ (☆☆★)=面白い、一見の価値あり (☆☆☆)=傑作認定、布教したいレベル (丹)=丹波哲郎が出演していることを示す。私にとって丹波哲郎は固有名詞ではなく、もは…

2019年11月の読書メーターまとめ

11月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:520ナイス数:16世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書)の感想日本で「戦後≒平和」と呼ばれる時代にも、世界各国で戦争は起きていた。現代史の中で起きた戦争を追いかけながら、現在と未来を…

池上彰『世界から戦争がなくならない本当の理由』(祥伝社新書)

世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書) 日本で「戦後≒平和」と呼ばれる時代にも、世界各国で戦争は起きていた。現代史の中で起きた戦争を追いかけながら、現在と未来をいかに生きるべきかを説いている。 巻末にはネトウヨへの容赦ない批判が書…

追加装備

ホイール手入れの追加装備 今日もホムセンで装備を補充。前回購入したグラインダーの研磨用ディスクは、あまりにもホイールの汚れが頑固だったためガシガシ研磨していたら、摩耗してチビてしまった……。 (前回のホイール手入れは時間切れ&反省点の多い作業…

ジムニーのホイールをキレイにするぞ

ホイール用に買ったやつ ホームセンターで買ってきた。 これで我が家のちょい古ジムニー君(登録2,000年、JB23)のホイールをキレイにしようと思います。 ソフト99(SOFT99) ホイールクリーナー 65g 09031 STONER フォーミングジェル ホイールクリーナー 1734…

半藤一利『アメリカはいかに日本を占領したか』(PHP文庫)

アメリカはいかに日本を占領したか マッカーサーと日本人 (PHP文庫) 敗戦直後から7年にわたって続いた、GHQによる日本の占領統治について、マッカーサーの行動を軸に追ったノンフィクションである。 PHPでこういう署名だと、歴史修正主義のトンデモ本(高山○…

2019年10月に読んだもの・見たもの

10月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:296ナイス数:13町山智浩・春日太一の日本映画講義 戦争・パニック映画編 (河出新書)の感想前巻は時代劇映画について語った本で、今回は戦争アクションとパニック映画について語った本。内容は言うこと無…

2019年8月の読書メーターまとめ

8月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1377ナイス数:31サバイバル組織術 (文春新書)の感想ネトウヨはじめ保守を気取る連中は口を揃えて「戦後は個人主義が蔓延した」と嘆くが、なんのことはない。日本は未だ、全体主義どころか封建制なのだ。こ…

2019年7月の読書メーターまとめ

7月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1404ナイス数:25知の逆転 (NHK出版新書)の感想頭のいい人の話を聞くことで、自分の頭もよくしよう……という本だと思う(アホな感想)。0から1にする本ではなく、3か4くらい知っていることについて、8か9く…

res.nimg.jp/swf/player/marqueeplayer.swf?* http://pbs.twimg.com/media/BnA-4oICcAAXc5g.jpg:thumb ||enquete.nicovideo.jp/static/ http://res.nimg.jp/swf/player/marqueeplayer.swf?* http://res.nimg.jp/img/watch_zero/marquee_bg.png ||nmsg.nicovi…

2019年6月の読書メーターまとめ

6月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:786ナイス数:11続 昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)の感想戦後の話が多めで、個人的には正編より飲み込みやすいように感じたな。それにしても、文章も内容もめちゃくちゃ堅い保坂先生の著作がこれほ…

冷静(ロジック)と情熱(ファンサービス)のあいだ~『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』

前回↓ http://anmitsuk.hatenablog.com/entry/2019/05/16/234746 『平成ジェネレーションズ』三部作マラソン、折り返しの2本目である。 『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(2017年) 脚本:武藤将吾、高…

2019年の読書メーターまとめ

5月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:246ナイス数:11映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方 (ちくま文庫)の感想名作や名著には「触れる前と後で違う人間になった気にさせる」という共通点がある。本書もその例に漏れない。読む前と後で…

馴染みの定食屋が歳末500%増量セール、みたいな『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』 (☆☆☆)

先日、後半2クール分を放置していた『仮面ライダーエグゼイド』TVシリーズを完走した。その記念に、平ジェネ三部作を観るマラソンを実施。一発目は無印である。 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ:Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドラ…

【あばよ平成】2019年4月の読書メーターまとめ【よろしく令和】

4月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:663ナイス数:19ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術 (王様文庫 C 47-3)の感想タイトルから期待されるだけの情報はおおよそ手に入ると思う。ただ、これで出世したり友達が増えたり……のような劇…

池上彰『 速すぎるニュースをゆっくり解説します』(文春文庫)

ユーチューバーの動画みたいなタイトルだが、中身は濃い。イギリスの公共放送BBCが打ち出した「スローニュース(※じっくりとファクトチェックを重ねた報道)」に倣って、時事問題を3年くらい前の状態から解説していく構成をとっている。合間に挟まれる対談パ…

2019年3月の読書メーター・ブクログまとめ

3月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:796ナイス数:20知の越境法~「質問力」を磨く~ (光文社新書)の感想テーマは「越境」。自らの半生やリベラル・アーツの重要性などを、脱線を交えつつ語っている。ビジネスパーソン向けということだが、ま…

上北ふたご『HUGっと!プリキュア』

TVアニメ(2018年2月~2019年1月)に合わせ、講談社「なかよし」誌上に連載されたコミカライズ。作者はこれまでのシリーズと同じく上北ふたご。 全2巻で構成されており、通常版と特装版の2種類が発売されている。また、1巻2巻ともども、後半には描き下ろしの…

外山滋比古『文章を書くこころ』(☆☆★)

外山滋比古『文章を書くこころ』(PHP文庫) 外山滋比古の著作は、東大・京大の学生にひろく読まれているらしい。実際手にとればさもありなん、おもしろくてタメになる。そのうえわかりやすい。読めばひとつ学問を修めた気分になる(気分になった、で放置す…

池上彰『知の越境法』

池上彰『知の越境法』(光文社新書) <公式サイトより> 世界で起こる問題を誰もが分かる言葉で解説し、総選挙後には政治家への突撃取材でお馴染みの池上彰。しかし、その八面六臂の活躍も、NHK時代の“左遷”から始まった。記者としてのキャリアを順調に…

2019年2月の読書メーターまとめ

2月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:648ナイス数:31池上彰の世界から見る平成史 (角川新書)読了日:02月05日 著者:池上 彰人を見る目 (新潮新書)の感想ビジネス本のような書名が示す通り、軽めのエッセイに仕上がっている。いつもの冷徹な視…

dビデオスペシャル『仮面ライダー4号』

dビデオスペシャル 仮面ライダー4号[ブルーレイ+DVD] [Blu-ray] posted with カエレバ Amazon 2015年 脚本:毛利亘宏 監督:山口恭平 出演:竹内涼真、稲葉友、内田理央、半田健人、中村優一ほか 「仮面ライダー4号」〈第一話〉死斗! 仮面ライダーは三度死ぬ…

外山滋比古『思考の整理学』(☆☆★)

思考の整理学 (ちくま文庫)

保阪正康『人を見る目』(☆★★)

人を見る目 (新潮新書) 作者: 保阪正康 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/04/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 人を見る目(新潮新書) 作者: 保阪正康 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/04/20 メディア: Kindle版 この商品を…

2019年1月の読書メーターまとめ

1月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:748ナイス数:18大人のADHD: もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)読了日:01月11日 著者:岩波 明世界を動かす巨人たち <経済人編> (集英社新書)読了日:01月22日 著者:池上 彰歴史に「何を」学ぶのか (…

東野圭吾「加賀恭一郎」シリーズ④~『麒麟の翼』『祈りの幕が下りる時』

加賀恭一郎シリーズは、作品の発表期間がとても長い。東野圭吾がデビュー直後に発表した『卒業』から始まり、10作目『祈りの幕が下りる時』は2013年。それゆえか、発表された時期に応じて作品の形態が異なっている。同じく人気シリーズの『ガリレオ』が ワト…

2018年の読書メーター

2018年の読書メーター読んだ本の数:50読んだページ数:14097ナイス数:370「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)の感想史実との違いをあげつらうのではなく、あくまで司馬作品が内包していたロマンや現代へのメッセージを尊重し、丹念に読み解いて…

2018年12月の読書メーター&ブクログまとめ

12月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:516ナイス数:22(158)ニュースがわかる高校世界史 (ポプラ新書)の感想現在(※2018年8月時点)と世界史のつながりを述べた本で、先に読んだ朝日新書『世界を知る学校』と趣旨・記述に似通ったものがある(…

2018年11月の読書メーター&ブクログまとめ

11月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:771ナイス数:22ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)の感想同著者の『アスペルガー症候群』と同じく、実直かつわかりやすい言葉でつづられている。このテのメンタル系の本は、原…

2018年10月の読書メーター・ブクログまとめ

10月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1363ナイス数:38凶夢など30 (新潮文庫)の感想ん? ちょっと待てよ……な「考えオチ」が少し多い印象。しかしながらショッキング極まる表題作「凶夢」、ユーモラスな味わいが気持ちいい「生きていれば」、人…