知ってることだけ話しますよ

主にニチアサ(スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュア)、ときどき読書

このブログの見方

作品名の横にくっついている()の評価レベル

(★★★)=残念!

(☆★★)=そこそこ、まぁまぁ

(☆☆★)=面白い、一見の価値あり

(☆☆☆)=傑作認定、布教したいレベル

(丹)=丹波哲郎が出演していることを示す。私にとって丹波哲郎は固有名詞ではなく、もはや「丹波哲郎」というひとつのジャンルなのだ。

2020年12月の読書メーターまとめ

12月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:652
ナイス数:13

実録テレビ時代劇史 (ちくま文庫)実録テレビ時代劇史 (ちくま文庫)感想
時代劇研究家・春日太一が非常に感銘を受けた一冊と云う。あまりにも内容が素晴らしいため、一気には読まず、少しづつ少しづつ読み進めていったとか。私も全く同じ読み方をしてしまった。凄すぎる本だ。視聴者(ファン)と作り手のW視点で綴られた、TV時代劇の通史。こんなに読んでいて興奮する歴史書は初めてだった。
読了日:12月24日 著者:能村 庸一

読書メーター